人間だけじゃない皮膚病の恐れ!可愛がる犬や猫にも注意

犬や猫の皮膚病

可愛いペットの犬や猫ですがもちろんかわいいだけではありません。
生きている生物なので、様々な病気などを引き起こしてしまう可能性もあります。
そこで今回は可愛いペットの皮膚病について説明いたします。
もし、自分の飼っている犬や猫がかゆみを感じている場合は、多くの症状が考えられます。
ノミアレルギーやアトピー性皮膚炎などアレルギーによって引き起こされるもの、細菌やウィルス、寄生虫などによって起こる感染症などです。
もしアレルギー性である場合は、皮膚自体が弱くなってしまい、皮膚にあるバリアの機能が低下してしまうので、それが炎症してしまい、かゆくなってしまうのです。
アレルギー性である場合は、そのアレルギーの原因自体を取り除く必要があるのです。
外からのアレルギーの原因。
・ノミアレルギー・接触皮膚炎・アトピー性皮膚炎・ノミダニアレルギー
なぜ、かゆみをかんじてしまうのか?
皮膚にある脂分が少なくなってしまうと、角質層にある水分も不足してしまいます。
角質層の水分が不足してしまうと、皮膚のバリアが機能しなくなってしまうので、外からのアレルギー要因が入りやすくなってしまうのです。
それにより、アレルギーの反応や、感染が原因でかゆくなってしまうのです。

もし、可愛いペットの犬や猫が皮膚病になってしまった場合病院へ連れて行くことがベストな方法です。
しかし中には様々な理由により、病院へ連れていけないという人などもいるのです。
皮膚病の治療薬は今現在インターネットなどで海外から購入することが出来ます。
個人輸入代行サイトなどを利用することで、英語などができなくてもスムーズに購入する事が可能なのです。

治療薬の中でも人気なのがアレルギー性皮膚炎用のアトピカシリーズです。
シクロスポリンを主成分としており、抗ヒスタミンや、ステロイドと違い副作用が比較的少ないので安心して使用することが出来ます。
長期間投与する時などにも安心で多くの人が利用しています。
液体タイプのものや経口タイプのものなど、タイプによって選択することが出来ます。
可愛いペットを守ってあげられるのは、飼い主であるあなたしかいません。
もし、かゆがっていたりしたら皮膚炎を疑い早めの治療を試みましょう。